多摩川テナガエビのポイント六郷橋にいってみた

多摩川テナガエビのポイント六郷橋にいってみた

みなさんこんにちは、ぶんぶんです。

都市河川多摩川。都会の悪に染まりながら、東京・神奈川の間を流れ続けるダンジョン。

別名タマゾンと(多摩川+アマゾン)と言われるように多様な生物が住んでいるわけですが、我々釣り人にとっても面白い川なわけです。特に南関東在住アングラーにとっちゃあ身近に楽しめるパチンコみたいなスポットっすね。

テナガエビ釣り初心者の方は↓の記事も参考にしてみてくださいね。

全盛期は多くの人でにぎわう

時期としては6~9月ごろがオススメ

今回ご紹介する多摩川テナガエビポイントは六郷橋。

一般的にテナガエビ釣りが楽しめるのは梅雨入り~晩秋です。個人的にはベストなのは9月のはじめごろ。テナガエビの絶対数もある程度キープしたままで真夏よりちょっとだけ涼しいのが理由です。テナガエビの数だけで言えば7・8月が多いので灼熱の多摩川を体感したいという方はぜひ・・・。

時間帯としては、夜のほうがテナガエビは巣穴から出て活発に動くので釣りやすいですが、治安もあまりいいところではないので日中の釣りをオススメします・・・。


準備と釣り方

極論は棒に糸と針とエサがつけれればOKです笑
六郷橋付近のポイントとしては、
・テトラ
・岩影
がメインとなります。

排水溝付近は絶好のポイント。この石の隙間にテナガは潜む。

ほぼ100%見釣り(テナガエビがエサを持って行ったのを見ながら釣る方法)と思ってもらってOKです。どうしても夜釣りをしたい方は電気ウキを使ってアタリを取る方法もありますが、浅瀬であれば夜でもライトをつけながら見釣りが可能です。

エサはいろいろ試しましたが、
・ボイルホタテ
・カニカマ

のいずれかで十分。カニカマであれば近くのコンビニでも調達できるので便利です。イソメやミミズなどでももちろんOKですよ。

そして一番重要なのは針。
これだけは現場で替わりがきかないので、必ず準備してください。

オーナー針が安くて超安定!もはやエビ針はこれしか使ってません。


六郷橋付近の簡単なポイントマップを作ってみた

★はオススメ度です。最大は★3つ。

もちろんシーズンや日によってテナガがいる場所は微妙に異なるので参考程度にご覧ください。

最盛期に行けば10匹以上は期待できる鉄板ポイントだと思います。

この六郷橋上流に位置する「多摩川大橋」でもテナガエビは狙うことができます。テナガエビ釣りポイント・多摩川大橋編は↓より。

誰でも簡単にできるテナガエビ釣り、ぜひやってみて下さいね。

ではでは(^^♪

↓都内近郊のお手軽釣りスポットまとめ↓
※随時更新中