渓流ルアーのオススメ釣具(タックル)セット! とりあえず釣りを始めたいならこれでOK♪

渓流ルアーのオススメ釣具(タックル)セット! とりあえず釣りを始めたいならこれでOK♪

みなさんこんにちは、ぶんぶんです。

とりあえず渓流でルアー釣りをしてみたい!一式使える道具が知りたい!

という疑問に答えます。

渓流釣りにオススメの釣具(タックル)一式を紹介します。「とりあえずこれを買えば、渓流釣りは始められるよ」というセットの紹介。

あまり難しいことは考えたくない人は習うより慣れろ!でセットで購入&釣りを始めたほうが早いです。

「釣具選びのポイント」については別記事でご紹介しています。

渓流ルアー釣りの釣具(タックル)セット

今回は「渓流ルアー釣り」のオススメタックルセットをご紹介。とりあえずロッド(竿)、リール、ライン、ルアー、ランディングネット(網)。これを一式買えば釣りを始めることができます。

ちなみに「渓流ルアー釣り」と一口で言っても色んな規模の河川がありますが、今回オススメする釣り具は↓の写真のような川幅の中~上流域での使用に適したものをご紹介。

これより大規模な↓のような河川には不向きな釣具なので、そこはご承知おきくださいm(__)m

釣れないことはないのですが、ロッド(竿)は短めで操作性重視のものを選定しています。川幅があるところでは飛距離が足りません(-_-;)

ていうか、渓流って川幅があまりない河川のことを指すので当たり前なのですが…笑

というわけでオススメの釣り具をご紹介していきます!ちなみに全部僕が実釣で使用したことがあるものを紹介します(^^♪

ロッド(竿)

ロッド(竿)をメチャクチャ種類がある中から、初心者にオススメできるものを厳選3つを挙げます。どれか1本選べばOK♪

ちなみにロッドは高けりゃいいってものではありません。竿の違いが分からないうちは安いロッドで十分です(^^♪

デイゲームロッド(プロトラスト)

見た目のチープさを許容できる方にオススメ。

格安ロッドといって舐めちゃいけません。渓流ではメチャクチャ使いやすい竿です!長さが1mしかないので、狙ったポイントにルアーを投げやすい。折れにくい素材(グラス)を使用しており、僕も2年くらい使ってますが、全く折れる気配なく使えてます。

デメリットは1ピースのロッド(折りたためないロッド)という点。ただ、1mしか長さがないので、軽自動車にもすっぽり収まります。

初心者にも、コスパを求める上級者にも一度使ってみて欲しいロッドです。

ポケビッツ(アルファタックル)

とにかくコンパクトなロッドが欲しい方におすすめ。

仕舞寸法は驚愕の24cm…。ポケビッツの名の通り、本当にポケットに入ってしまうサイズ長さです。作りもしっかりしており、コスパに優れたロッド。

トラパラ(メジャークラフト)

2ピースのッド。最初の一本からなるべく渓流ルアーロッドの性能面を追求したい方にオススメ。すでに他のルアーフィッシング経験がある方ならば、コスパ最高なロッドだということが分かると思います。軽量でありながら価格も7,000円前後。

ちなみに、メジャークラフトのロッドは折れやすい!という方がいますが、僕はとラパラを2年以上酷使してますが、折れる気配なんてありません。単純に使用方法の問題だと思います。

リール

リールは2つ選定しました。「スピニングリール」という種類のリールが使いやすくてオススメ。

リールのサイズは、
・渓流ルアー釣りに特化したリール⇒「2000番」サイズ
・渓流ルアー釣り以外の釣りもしたい方⇒「2500番」サイズ

を選んでください!

他の釣りにもいろいろありますが、2500番サイズは

・シーバスのルアー釣り
・堤防からのシロギス釣り(ちょい投げ釣り)
・アジ&メバルのルアー釣り(ライトソルトゲーム)

などに使用可能です。

ジョイナス(ダイワ)

とりあえずお試しで!という方はダイワのジョイナスが使用しやすいです(^^♪
トラブルレスですが、ギアの強さと精度はシマノほどではありません。入門用リールとしては必要十分すぎる性能です(^^♪

ただ、ジョイナスを選ぶ場合、すでにラインがリールに巻いてあります。この付属のラインは、渓流ルアー釣りには太すぎて不向きです。ラインを一度外して↓の紹介するラインを張り替えする手間があります。(ただ、ラインの巻替えの練習としては良いかもしれません)

セドナ(シマノ)

これから釣りを長く続けたい方には、シマノの「セドナ」というリールが最高にオススメ。軽くて巻き心地もスムーズ。数年前には3万円以上するリールにしか使用されていなかったギアの技術も、セドナには搭載されています。

ライン

ラインは1つのみ選定。切れにくく丈夫で劣化が少ない「フロロカーボンライン」でOK。僕も絶大な信頼を置いている、バリバスというメーカーの「デッドオアアライブ」というフロロカーボンラインをオススメします。

フロロカーボンライン デッドオアアライブ 3lb(バリバス)

他に、300mくらいで1,000円以下のラインもありますが、耐久性に難ありです。格安ラインでも短時間釣行には問題ないのですが、巻替えを頻繁にやらないと劣化が激しく、せっかく魚がヒットしても切れてしまうことも。初心者の方こそ、ラインに少しだけお金をかけてみてください。ラインは魚に近い分、ロッドやリールよりも大事な部分です!

ルアー

魚に最も近く、釣果を左右するルアー。ただし、最初はそこまでお金を掛けずにルアーセットを購入してOKです。一個千円以上するルアーもありますが、初心者はキャストの正確性が低いので、木に引っ掛けまくってルアーを何個もロストしてしまいます。お金がいくらあっても足らず、モチベーションも維持できません。

また、

安いルアーでも魚って釣れるの…?

と思うかもしれませんが、全く問題なく釣れます。

高いルアー=釣れる!というのは明確に間違い。
ルアーの使い方を知ってる=釣れる!というのが正解です。

最初は安いルアーのセットで良いので、基本的なルアーの動きを理解してください。渓流でいう「基本的なルアー」というのは①スプーン、②スピナー、③ミノー(プラグ)の3種類。

ルアー選定のポイントは別記事で詳しく解説してます(^^♪

なので、上述の通り、ルアーはセットで購入して下さい。

「スプーン」&「スピナー」のセットをそれぞれ1個ずつ購入すれば、問題なく釣りが始められます!

スプーンセット(ナイトアーミー)

スピナーセット2.5g

ドクターミノー(ダイワ)

ミノーに関しては必須ではありませんが、「ルアー」をぴょこぴょこ動かして釣るとスプーン&スピナーとは違った誘い方をすることができます。

せっかく渓流ルアー釣りを始めるならば、ミノーを1つ持っておくと面白いですよ(^^♪

ダイワの「ドクターミノー」は安価&釣れるルアーとして有名。魚がいれば勝負は早いです。

ただし、スプーンやスピナーよりもお高めのルアーなので、最初はキャストは慎重に…。

ランディングネット

「渓流の美魚」を眺めるためにも、ランディングネットは持っておいたほうがより渓流釣りを楽しむことができます(^^♪

まとめ

今回は渓流釣りのタックル(釣具)のセットをご紹介しました。

ロッド、リール、ライン、ルアー、&ネットをとりあえず購入すればすぐにでも渓流ルアー釣りを始めることができます!

最初は難しいことは抜きにして、釣り具をまずを購入しフィールドに出かけてみましょう。そこで色んな気づきがあり、自分なりの最適な釣具を探す「経験」をすることができます。

この記事が、あなたの渓流ルアータックル選びの参考なれば、この上なくうれしいです!

ではでは(^^♪